マーケティングオートメーションの強み

マーケティングオートメーションはMAとも呼ばれていますが、顧客一人ひとりの興味に応じたマーケティング手法です。

ユーザーとの親密なコミュニケーションを通じて、長期的な関係を構築できるのが強みです。個人対個人のマーケティングを、10人の顧客に対して実施するのは比較的に簡単なことです。但し1万人や10万人のユーザーが相手となると、膨大な作業が必要になります。これは個人対応では不可能なことだと言えます。マーケティングオートメーションは、そうした作業を自動化して、適切な時期に適切な内容を顧客に届けられるシステムです。

ネットショップの集客法としては、リスティング広告やSEO対策が有効な手段です。昨今はコンテンツマーケティングが注目されています。これは消費者の趣向に対応した広告戦略で、商品を使うシチュエーションを分かりやすく演出する方法です。それによって、消費者側に親近感が生まれ、その商品を購入したい衝動が起こるわけです。また、コンテンツマーケティングのネットショップでは、関連コラムなどを掲載することで、ユーザーの興味をつなぎとめる工夫を行ないます。

それと同時に、ソーシャルネットワーク等を活用して、商品等のセンスの良い写真や動画をアップすることが効果的だと言えます。以上のように、これからのネットショップ管理に於いては、質の高いコンテンツを継続的に提供することが重要になってくるわけです。そして、マーケティングオートメーションと併用することで、より効果的にマーケティングが行えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です