パーソナライズの手法で有効なマーケティングを行う

以前のマーケティングでは、多数の人々たちにアンケートをとったり、統計を利用したりして商品やサービスのニーズを調査していました。

商品やサービスの大量生産・大量消費が行われていた時代にはそのようなリサーチが有効でしたが、生活の個人化が進む現代では、人々の興味や関心、生活の中で重要と考えるものも多様化して、多くの人々に対するリサーチでは有効な情報を得にくくなってきています。同じように、商品やサービスについての情報の提供についても、多くの人に対する一般的なアプローチよりも、個人の嗜好に基づいて行うことがその後の消費行動に結びつきやすくなってきています。

そのような生活の個人化が進む時代に対応して考案されたマーケティングや情報提供の手法がパーソナライズです。動画提供サイトでは視聴した動画からユーザーの興味のある分野を推測し、その分野の動画をランクの上位に位置づけて表示することがあります。また通信販売のサイトでは、購入したり閲覧したりした商品から、そのユーザーの興味を引きそうな商品についての情報をメールなどで通知したりします。

このように、ユーザー個人の興味や関心に応じて情報を通知したり提供したりする手法がパーソナライズです。パーソナライズを行うことによって、ユーザーごとに関心の高い分野や商品についての情報が提供でき、購買意欲を高めることができますし、興味のない分野の情報提供はしないので、通知や情報の無駄がなくなり、ユーザーのアプリやサービスに対する有用感を高めることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です