パーソナライズを通じて広がる選択肢

購入する商品の絞り込みに役立つパーソナライズは企業側からの提案だけにとどまらず、自分が求める興味の対象の幅を広げることにも役立てることができます。

選択の重要性は個人の趣味の範囲内では狭く限られたものになりますが、たくさんの対象から個人の趣味にできるだけ近いものを選ぶと、選択肢も広がり購入する商品のバリエーションも増えてきます。インターネット上で商品を購入したり特定のページを閲覧するだけで、関連広告の照準が限りなく絞られたものが表示されます。

興味のある商品であれば事前にその情報を把握しているものが多く、ひとつの候補でしかない商品も多数の製品と並べて比較すると、別の角度からの魅力に気づくこともあります。パーソナライズは購入品の関連情報を単に並べるだけでなく、買い忘れをはじめとした個人の選択肢を広げることに役立っています。選ばれる商品をより個人の嗜好に近づけるためには、より正確な個人情報が必要とされ、年齢や性別によっても選択される製品は異なります。

購入履歴や閲覧履歴などに基づいたパーソナライズは同傾向の商品を羅列する性質があますが、分野が違っても求められるサービスが同じであれば、新たな掘り起しにお役立てることができます。関心のないことでも比較する対象があれば、より好みの近いブランドを選ぶのと同様に、個人の趣味応じた違和感のない商品を間違わずに選ぶことも可能になります。結果的に満足を得られる商品の購入役立てることができれば、優秀な営業マン以上の効果を消費者にもたらすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です